Search

Travel Photo Album

大久野島

この日は思いがけない展開から、大久野島に再訪することとなった。
天気もすこぶる良いので、コンディション的に瀬戸内の島に行くのは至極結構なこと。

忠海(ただのうみ)港(竹原市)のフェリー乗り場。

駐車場所の確保に手間取っている間に、フェリーは出発してしまったので、次の船まで時間を潰す。
ラビットフードを確保したり、土産売り場をひやかしたりして30分程度待った。

今回も往路はこの船に乗る。

相変わらず島への来訪者が多い為、土日などは駐車スペースが限界を超えている模様である。
7月の豪雨以来、忠海を含む区間が不通となっている呉線の、一日も早い全面復旧が待たれる。

フェリーは所要15分で大久野島に到着。

休暇村のシャトルバスが待ち構えていて、上陸した人達を乗せて走り去っていく。

忠海の市街地を遠望

左端にある送電鉄塔は、大久野島にあるものと同じく、日本一の規模を誇る。

同じく対岸に見える今治造船・広島工場。

かつては”幸陽船渠”という会社だったが、今治造船に吸収合併された模様。

大久野島の主役がいましたよ。

豪雨災害とかあって忠海駅には未だに電車が来ない状況たけど、この島には影響がなかったようですね。

向こうに見えている陸地は愛媛県の大三島。

大久野島には大三島の盛港からもフェリーで来ることができる。
細かいことは前回述べているので、こちらも参照されたい。

休暇村・大久野島。

丁度昼飯時なので、館内は大盛況。
軽食コーナーもあるが、ちゃんとした食事処もある。

あとは道すがらウサギを見ながら島内を散策。

人を恐れず、餌を求めて寄ってくる。

やはりニンジンは好きらしい。

忠海までの道中のスーパーで仕入れたニンジンを、ナイフでカットしながら与えていく。

フェリーが来る迄の間、残った餌をばら撒く。

本土から観光客がふんだんに運んでくれる餌のお陰で、まさに彼らにとっては楽園だろう。

盛港発の帰りのフェリーが来た。

ちなみに忠海に対して、対岸・大三島の港は”盛(さかり)”という。
どちらも平清盛の父・平”忠盛”にちなむ地名だそうな。

天気に恵まれた瀬戸内の島はとても気持ちがよかった。

Comments are closed.

© 2018 Photo Album . All Rights Reserved.