吾妻山

我が家では先週から吾妻山に行きたいとのリクエストがあり、それに応えて吾妻山に行くことにする。
9時過ぎに家を出て、県道37号線と国道54号線を走って三次から高速に入り、松江自動車道を高野インターまで北上する。

道の駅たかの

これ以上ないほどの快晴。猛烈に空が青かった。
道の駅で売っていた”1枚200円”もするメンチカツをゲットしておく。

道の駅から県道39号を奥出雲方面に進み、さらに国道432号を庄原方面に走る。
王居峠を越して比和に出てすぐに吾妻山方面への分岐があり、そこから国道と別れしばらく進むと吾妻山国民休暇村がある。

正午前に国民休暇村に着いたはいいが、凄い車の数で休暇村の駐車場には停めることができない。
仕方がないので少し離れた場所に車を置く。

車が多い原因は、丁度山開きの日だったということ

ところで吾妻山に最後に来たのは2006年の10月で、来るのは何と実に11年ぶりである。
広島では有名どころの山なんだが、意外に御無沙汰していたものだ。

池には丁度蓮が咲いている

蓮の咲く水の濁った池のほとりを歩いていくと、前方にテントが沢山貼られて、山開きのイベントが行われているのが見えてきた。

山開きのイベント開催中

本部席のテント前で地元の方々が輪になって”ナントカ音頭”を踊っている。
別のテントでは、丁度正午頃ということもあってか、やまめの塩焼きとか、鶏の炭焼きとかの屋台が出ていてとても賑やか。

やまめの塩焼きの誘惑に負け、登りだす前から予定外の小休止。やまめはとても美味しかった。
ビールの誘惑には勝った・・・(ᅙゝᅙ)γー~

やまめを食べ終えたら出発。

イベント会場となっている草原の端に沿って、最初は緩やかに登っていく。

登山道沿いのタニウツギ

丁度この花が咲き乱れる時期でもあり、この日一番多く見ることが出来た花だった。

これはレンゲツツジ

これも丁度見ることが出来るいいタイミング。

ベンチのある小弥山で小休止

休暇村や山開きイベントをやっていた”池の原”が眼下に見える。

カシミール画像・その1を置いておく

上写真の向かって左奥にうっすら見えている山並みは、広島市北部の山々。

さらに頂上に向かって進む

見通しのよい登山道なので、周囲の眺めは良いが、日差しが暑い^^;

レンゲツツジ

緩やかに登っていく道を、写真を撮りながらノンビリ進んでいく。

後方を振り返れば猿政山が見える

写真中央左の山ですよ。
島根との県境にある山で、標高は1268m。

カシミール画像・その2で補足

三瓶山はちょうど猿政山の陰に入る位置関係の為、微妙に見えないらしい。

イワカガミ。

頂上近くの登山道沿いに多く見られた。

もちろんタニウツギも沢山咲いている

西日本では、主として日本海側で見ることができる花で、広島県では北部の中国山地沿いに見られる。
田植えの時期に咲くので”田植え花”ともいうそうな。

13時頃、山頂に到着する。
頂上はあまり広いとはいえないので、12時台を避けたのは正解だったかもしれない。
持参したおにぎりや”1枚200円(美味かった)”もするメンチカツを食べ昼食。
食べ終わると展望を楽しみながらの休憩とする。

福田頭(1253m)

福田頭(ふくだがしら)は登山道沿いに滝が沢山ある、なかなか面白い登山ができる山。

カシミール画像・その3

中央一番高いのが立烏帽子山。その右に池の段。

ちなみに立烏帽子山は広島県の東部では一番高い山(1299m)。
山がちな広島県ではあるけれど、それほど高い山はありません。

カシミール画像・その4

遠方に大山と手前に船通山

言わずと知れた鳥取県の名峰にして中国地方最高峰(1709m)。

カシミール画像・その5

上写真から大山をトリミング

手前の山は船通山(1143m)。

宍道湖が写っている筈だが・・・

心の目で見てください・・・(。◕∀◕。)ノ

吾妻山山頂からのパノラマ動画

南側から北東方面。福田頭~池の段~立烏帽子山~比婆山~大山・船通山の眺め

展望を楽しんだら下山にとりかかる。

国民休暇村まで下ると、既にイベントは終わっていて後片付けの真っ最中。
猛烈に喉の渇きを覚えたのでペットボトルのお茶を買い、ググッと飲んでから撤収。